フリー音源だけで今日から始めるゲーム音楽制作!実際のCubase用データ配布します。




殆んどお金をかけずに、たいていの曲は作れる時代

こんにちは、ユーフルカです。

 

 

音楽制作をこれから始めたい初心者の方の中には

 

「DTMを始めて自分でゲーム音楽を作ってみたいけど…

作曲するソフトのほかに楽器を買ったり、

楽器の音を出すソフトも買ったりしないといけないんでしょ?

めんどくさいしお金がかかるなあ…」

そう思ってなかなかDTMを始められない人がいると思います。

 

 

たしかに…私がDTMを始めたばかりのころはそうでした…

 

作曲ソフトに10万、たくさん音が入ったハード音源1台10万…

リアルなドラム音源5万…オーケストラ音源に10万…

 

いったいどんだけ買えばいいんだ…(´・ω・`)

 

MU15

こちらは私が高校生のころ、初めて買ったマルチ音源、YAMAHA MU15。

現在の、どんなフリーソフトよりもショボい音が676個入って25,000円。

 

 

 

でも!そんな時代はもう終わりました。

 

 

今はネット上に、素晴らしいクオリティのプラグインが

大量に!!しかもタダで!!配布されている素晴らしい時代!!

 

たいていの、ネットにあふれているようなゲーム音楽が作りたいなら

 

作曲ソフトさえあれば一銭もかけずに

 

それっぽい音楽が作ることが可能です!

 

こちらのいかにもJRPG風の曲、音源・プラグイン代はゼロです。

 

音楽制作ソフトすら無料。でもこれは買った方がいい。

なんと今の時代、かなり高性能の音楽制作ソフトすら無料で手に入ります。

Studio Oneは無償でトラック数無限です。

 

ただし、個人的には、音楽制作を始めて、続けていきたいのであれば

さすがに音楽制作ソフトそのものは無料のものでなく

しっかりしたものを先に購入した方がいいと思います。

 

なぜかというと、

無償のソフトは機能的には一昔前からすると考えられないほど

高性能なものになっているのですが、同梱されている音源や

エフェクトなどにかなり制限があるためです。

 

 

当たり前のようにあると思った音色が無かったりします。

 

基本無料のソシャゲと考え方は同じで

無課金ユーザーは苦労する上に時間がかかるのです。

 

となると、別のフリー音源を探してきて一つずつダウンロードして

インストールして…といった作業が必要なのですが、

 

正直今日からDTMを始めようという人がこれをやりだしたら

高確率でここで挫折します。

 

製品版でしっかりしたものを最初から購入すれば、

インストーラーを起動して終わった時点で自動的に大量の音源、エフェクトが

既にインストール済みになっているため、時間の節約にもなりますし、

 

何よりも、そういった最初から同梱されているプラグインたち自体

大抵のフリーソフトよりも高性能だったりするためです。

 

Cubaseでゲーム音楽制作を始めよう

 

近年の音楽制作ソフト(DAW)は、入手した時点ですでにダウンロード不要の音源が付属しています。

 

私が長年使っている作曲ソフト「Cubase」を例にとって解説します。

私自身駆け出しのころから使っているので、初心者にお勧めできるDAWです。

 

Cubaseシリーズとは、日本国内シェアNo.1の音楽制作ソフトであり

ジャンルを問わず大勢のプロクリエイター御用達の、長い歴史があるソフトです。

 

解説動画もネット上にたくさんあるため、今からDTMを始めようとする人にも

非常におすすめです。

 

これは最上位モデルのProなので、もっと安くランクの低いバージョンも存在しますが、

値段や機能、同梱プラグインなどを考慮するとProが断然お得です。

 

「Proなんて…趣味程度に始めたいのに敷居が高いような…」

とか思わなくて大丈夫です。

 

このProは別にプロ専用とかじゃなくて、iphone 11 ProのProと大体同じです。

 

学生さんであれば安価な「アカデミックパック」が選べるので、1万円程度割引で買えます。

 

また、もし楽器をつなぐ機材としてSteinbargのオーディオインターフェースを購入する場合は

最初から「Cubase AI」という廉価版がついてきますので、そちらをアップグレードしましょう。

 

 

CubaseがDTM初心者にお勧めという点でもう一つの理由、それは

 

ハイクオリティのマルチ音源「HALION SONIC SE」や、

アナログモデリングシンセ、ドラムマシン、大量の生音のループ波形、

高性能EQやアンプシミュレータなどを含む超大量のエフェクト群が同梱されており

中級者以上になるまでプラグインや音源を買い足す必要がほとんどないという点です。

 

HALion

↑Cubaseに最初から同梱されているマルチ音源HALION SONIC SE。

普通のRPGに必要な基本的な楽器の音はこれだけで大抵揃います。

 

Frequency

↑Cubase Pro以上のバージョンで同梱される超高性能EQ、Frequency。

実は最近になってこいつの存在を知ったのですが、ミックスでの使いやすさは抜群です。

 

このように、何万円も払って購入するようなプラグインが最初から何個も入っており、

使いこなせば、普通に市販のゲームで流れてくるような音楽が作れてしまいます。

 

万が一何か足りないと感じてもネット上のフリーのプラグインで十分足りると思います。

 

例えば慣れてきて、明らかに同梱の音源ではオーケストラの音として不足を感じるというのであれば

専用のオーケストラ音源を買い足してみましょう。

 

フリー音源だけで作った曲のCubase用データを配布します




ここでは私が作曲ソフトCubaseを使い、

実際に”ソフトに最初から同梱されていた音源とフリー音源”だけを使って

作った冒頭のゲーム音楽のデータを配布します。

 

ベタ打ちで作業時間わずか数時間程度の曲ですが、

王道のJRPG的で結構使える曲になっていると思います。

 

もう一度言いますがこの曲にはCubase本体以外のソフトに一切お金をかけてません。

 

 

今回はmp3だけでなく、なんとzipで実際のCubaseのデータを配布しちゃいます!

 

他人に自分のデータの中身を見せるのは恥ずかしいですが、皆さんの参考になるのなら!!

 

サンプル曲のCubase用セッションデータ.zip(Cubase 9.5 pro以上推奨)

 

 

なお上記セッションデータを開く際は

下記リンクにあるプラグインをすべてダウンロード、インストールしてからにして下さい。

 

 

以下、この楽曲で使用しているプラグインです。※音源のインストール方法はリンク先参照

  • HALION SONIC SE(Cubaseに最初から同梱)
  • RETROLOGUE(Cubaseに最初から同梱)
  • GROOVE AGENT SE(Cubaseに最初から同梱)
  • Standard Guitar(フリーのエレキギター音源ライブラリ)
  • sforzando(フリーの音源プレイヤー。↑のギター音源読み込み用)
  • La Petite Excite(フリーのエキサイター)
  • EQ、ディレイ、リバーブ、コンプその他エフェクターは全てCubase同梱のもの

※Standard Guitarは、Gt-LのトラックにStandard Guitar KSOP、

Gt-RのトラックにStandard Guitar KSOP XTrackingを読み込んでください。

 

記事を補完する動画をアップしましたのでこちらも併せてご覧ください!

 

 

合わせて読みたい

音楽知識ゼロからでもゲーム音楽を作るのはそんなに難しくないという話

【譜面と音で解説】かっこいい戦闘曲の作り方。あのバトル曲はこうやってできている。

8bit(ファミコン風)ゲーム音楽の作り方。仕様を理解し正しく打ち込みましょう。


ここまで読んでいただきありがとうございました!
高品質なゲーム音楽、効果音、ボイス素材が無料でダウンロードできる私のサイトに是非お越しください!
ユーフルカの音楽素材サイト Wingless Seraph
無料ゲーム音楽(BGM),効果音,音声素材:ユーフルカ/Wingless Seraph

“フリー音源だけで今日から始めるゲーム音楽制作!実際のCubase用データ配布します。” への1件の返信

  1. I’m very haрpy to discover this page. I newd to tto tһank you for ones time for this particularly fantastic read!!
    I definitely appreciated every pаrt of it and I haᴠe yoᥙ book-marked to see new stuff on youг wеbsite.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です