ゲーム音楽との出会い②




スーファミRPG全盛期

当時はスーパーファミコンのゲーム全盛期。特にスクウェアから発売されたRPGの人気は凄まじく、

正に「出せば売れる」ような状態でした。

幼い頃は知能も低いので、わかりやすくてストーリーもあって無いようなアクションゲームばかり

やっていましたが、成長した私は友達の影響でRPGにも手を出しはじめていました。「ポケモン」や

「クロノトリガー」が最初にハマったRPGだったと思います。

とは言え私は小学生。一年の間にゲームを買ってもらえる機会は、こどもの日、誕生日、クリスマスの

3回だけでした。今の若い人は信じられないかもしれませんが、スーパーファミコンのゲームソフトは

新品で買うと安くても8000円、グラフィックを売りにしていた大作RPGなどは約12000円もしたのです。

友達の家で出来るゲームは買わない、それが自分としては当たり前でした。

そんなある日、茶畑と牧場に囲まれたエターナルど田舎で育った私は、小学生の高学年にしてようやく

「中古というシステムが存在し、そこでは安くゲームが買えるらしい」という夢のような情報を手に入れました。

当然インターネットなんて知りません。早速私は親を説得し、なかなか買えないRPGが手に入ると思いワクワク

しながらゲームショップに中古のゲームを見に行ったのです。

そこで(なかば親を騙すような形で)手に入れたゲームこそ、今思えば私の人生を決定付けた作品であり、

その曲を初めて聞いたあの瞬間の衝撃は20年経った今でも忘れることが出来ないほどのものでした。

ファイナルファンタジー6「決戦」

それは映画の様に壮大かつ陰鬱な雰囲気の中、オープニングシーンの最後のボス「ユミール」戦で最初に流れる、

いわばこのゲームの汎用ボス戦BGMでした。

初めてあのイントロを聴いた瞬間、私はコントローラーを床に置き、その後30分もの間バトルを進めることが

できなかったのです。(ウェイトモード万歳)

カッコイイとも違う、あの感覚は今になっても言葉にできないのですが、

 

強敵だ!めちゃくちゃ強い敵が出たぞ!でもみんなで力を合わせれば勝てるぞ! さあ、今こそ試練の時だ!!いくぞ!!!

 

…歌詞も何もないたった53秒ループの曲にそんなメッセージが込められいてて、なおそれがダイレクトに

ズキュンと伝わって来た、とでも言いましょうか。

これほどまで衝撃を受けたボス戦BGMは他にありません。

私はボス戦のBGMで一番凄いと思う曲は何かと聞かれたら今でもFF6の「決戦」と答えます。

そして私はお年玉を握り締め、地域で一番大きなCDショップに自転車でダッシュし、4000円するFF6の

サウンドトラックを買いました。4000円あればゲームボーイのソフトを一本買えるのに、それをCDに

使ったというのは自分的には相当異例なことでした。

そしてあの日から、ゲームの音楽は凄い、もっと聞いてみたい…という意識が、どんどん私の頭の中を支配していったのです。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です