プロクリエイター御用達「WAVES」って何?使い方は?最初にどれ買う?




世界標準の音楽制作用プラインWAVES

こんにちは、ユーフルカです。

音楽制作をこれから始める方、また興味がある方なら

初心者でもこの名前くらいはどこかで聞いたことがあるかもしれません。

「WAVES」(ウェーブスと読みます)は、ある意味

楽器や音源と同じくらい大切な音楽制作用ソフトのことです。

音源と同じようにVSTプラグインなので

各々DAWにインポートして使います。

 

名称といっても一つのソフトを指しているわけではなく

「WAVES AUDIO社」から発売されているプラグイン全体を指しています。

このWAVES、プロの世界において、

使っていないという人はおそらく一人もいません。

全世界のあらゆる音楽制作に利用されているといっても過言でないほど

超有名・世界標準レベルのソフトなのです。

WAVESって何に使うものなの?

音楽制作に使うソフトで、音源じゃないなら何に使うんだ?

と思う方もいらっしゃることかと思いますが

音楽制作において、楽器の演奏や作曲編曲のほかに

それらと同じくらい重要かつ時間のかかる作業があります。

それが

ミックス・マスタリング

という作業です。

料理でたとえると、

  • 作曲・編曲→どんな料理にするか決めて材料を適切な大きさに切ったりする作業。
  • ミックス・マスタリング→灰汁を取ったり、キレイにお皿に盛り付けたりする作業

WAVESはこのミックス・マスタリングで威力を発揮するソフトで

直感的な使い方ができるわかりやすいUIや、

実物で購入すると何十万もするようなアウトボードをシミュレートした

豊富なラインナップが人気で、世界中のクリエイター、エンジニアから

圧倒的な支持を得ているシリーズなのです。

 

とはいっても本当に初心者の方やこれから音楽を始めるという方に

ミックスやマスタリングは説明だけではわかりにくいと思いますので、

ここで聞き比べてみてましょう。

こちらは音量をザックリ整えただけの状態↓

で、こちらはWAVESなどを使ってある程度整えた(ミックスした)状態↓

 

いかがでしょうか。

私もミックスが得意というわけではありませんが、違いがハッキリ出ているはず。

メロディや各パートで鳴っている音はまったく同じですが

上はドラムに勢いも無くメロディも埋もれがちで低音もかなりモコモコしています。

終わり方も余韻が少なく残念な感じ。

下は各パートのバランスもとれ、圧倒的に聞きやすく、整っていると思います。

これがミックス・マスタリングの威力です。

WAVES
■実際の画面。左右に見えている3つのウィンドウがWAVESプラグインの一例。

たくさんシリーズあるみたいだけどどれ買えばいいの?

WAVESから発売されているプラグインは実に150以上にのぼり

それらをバラで買っているときりが無い上に非常にコストがかかります。

WAVESは「プラグインバンドル」という、

まあ言ってみればお得なセット販売を行っているため、

必ず最初はそちらを購入しましょう。

で、このプラグインバンドルにもたくさん種類があります。

ザックリ分けると

  • Power Pack
  • Silver
  • Gold
  • Platinum
  • Diamond
  • Horizon
  • Mercury

となります。

このほかにもあるんですが、標準的なセットがこちらの7つ。

お察しかとは思いますが

名前の規模がでかくなるにつれて高級になり

それだけたくさんのプラグインがバンドルされています。

一番安いPower Packは10個のプラグインが入っていて

標準価格4万円弱。まあ普通の音源ソフト1個分ですね。

単体で購入すると1万円以上のものが10個なので

5~6万円お得です。

そこからSilver(銀)、Gold(金)、Plutinum(プラチナ)などを経て

最高級のMercury(水星)になると、ほぼ全てのWAVESソフトが

中に入っておりその価格も100万円弱です。

それでも個別に買うのと比較すると50万円くらい得らしい。

さて、どれを最初に買うべきか?

 

個人的な意見ですが、

最初に購入するのは少なくともSilver(標準価格7万円程度)か、

余裕があるならGold(標準価格10万円程度)にしたほうが良いです。

WAVESがもっともポピュラーと自負するプラグインシリーズである

Renaissanceシリーズ、Cシリーズ、Qシリーズが全てバンドルされて

いるのが、Silverからであるというのが大きなポイント。

代表的イコライザー Renaissance EQ

 

Renaissanceシリーズ、Cシリーズ、Qシリーズはプロ御用達かつ

非常にわかりやすい操作性なので、ミックスを練習する最初の

一歩として非常に有効でありながら、腕が上達したあとも

変わらずいつまでも使える最強アイテムの一つです。

このシリーズに加え、ビンテージアナログの趣が加わった

Hシリーズ、Vシリーズが加わるのがGold。

これらはRenaissanceシリーズのようなグラフィカルな

要素が少なく、己の耳で判断しないといけないため

耳が未熟な初心者が扱うのは難しいですが、

慣れてきたら確実に使うことになるプラグインです。

逆にそれ以上のレベルのバンドルになると

初心者には手におえないものが多く入っているため

使いこなせるようになるまで時間がかかります。

あとでほしいプラグインはバラで買い足したりも

出来るので、費用的にも最初にGold購入が

バランスが一番取れているというのが私の結論です。

 

高くて買えねえよバカ!!→そんなあなたは

先ほどもチラっと値段を書きましたが

世界標準のプロ仕様で高性能ということもあり

お値段は高めです。

お勧めしたSilver(下から2番目)でも標準価格7万円です。

学生にはちょっと痛い出費です。

ですが安心してください。

WAVESに限らず、こういうソフトは一年に何回か

特売セールが開催され、時には半額以下という

非常にありがてぇ~レベルの割引販売がされるので、

その時期を狙いましょう。

代表的なのがブラック・フライデー。

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のことです。

この時期はどこもかしこも大安売りが基本になっているため

購入したい方は忘れずにチェックしましょう。

 

今まさに(2017年10月11日現在)WAVES爆安売り中!!急げ!!

そんな話をしている今現在。

なぜかブラックフライデーでもないのにもかかわらず

WAVESがとんでもない安売りをしています。

通常価格50万円程度の「Horizon」バンドルが

 

なんと今なら11万円。

 

Gold程度の価格で最上位からワンランク下のバンドルが

買えてしまうんです。Goldなんて10万円がたった2万円になってます。

 

WAVES セール

出血大サービスどころか

全身複雑骨折クラスの超特大セールです。

何なんだよコレは。

カリスマビジネスコンサルタントに

「一瞬いつもよりクッソ安くしてみ?いつもより利益で出るから」

とかいうアドバイスもらったのかな?

 

この機会にワンランク上のバンドルを購入した人もかなりいる模様。

なお終了がいつかは明記されていないため

いつの間にか終了する可能盛大です。

いつもは高すぎてほしいエフェクターに手が出なかったアナタ。

実はワレモノを使っていて、気まずい思いをしているアナタ。

いまこそWAVEに恩返しだ!

 

さあ急げ!!!!!!

 

購入はここからだ!!

今ならAmazonでもDiamondバンドル(!)が激安で替える模様!!


ここまで読んでいただきありがとうございました!
高品質なゲーム音楽、効果音、ボイス素材が無料でダウンロードできる私のサイトに是非お越しください!
ユーフルカの音楽素材サイト Wingless Seraph
無料ゲーム音楽(BGM),効果音,音声素材:ユーフルカ/Wingless Seraph




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です