【夢を反対されている君へ】本当にやりたいことを見つけ、とことんやろう




 心からやりたいことをとことんやったヤツが勝つ時代

サウンドクエリエイターのような音楽やデザイン関係など、こと芸術に関する分野の仕事に就きたい、

とかいうと、よく周囲から反対されたり失笑を買います。「アイツが音楽?ムリムリwwwww」などと。

「サウンドクリエイターになりたいから大学に行かず音楽の専門学校にする」と言ったとき

私は両親(主に母親)と壮絶に喧嘩したのを覚えています。何ヶ月も。

手前味噌ですが、私の卒業した高校はその地域では進学校とされており、卒業生の95%は

大学に進学するような学校でした。私の卒業した年で専門学校に進学したのは私を含めて4人だけでした。

父はサラリーマンをやめ独立した、いわばやりたいことをやってきた人なのですが、割と失敗しており

母はせめて息子には安定という道を残しておいてから夢を目指して欲しかったのでしょう。

母からは「大学を卒業してからでも遅くないでしょ!」と言われましたが、その当時の美術の先生からは

真逆のことを言われました。

「お前な。本当にその道に進みたいなら、大学行ってる暇なんてないぞ。すぐ勉強始めろ」

私は言い返そうとしました。

「でも、親が…」

さえぎるように先生は言いました。

「親は関係ない。お前の人生だ。お前がどうしたいかだけが問題だ。親を説得しろ。できないならその程度だ」

・・・私はこの先生の言葉が無かったら、夢をあきらめていたかもしれません。

あなたが両親の思い通りの大学に入り、思い通りの職業に就かなければならない義務などありません。

これは私の価値観ですが、日本という、やろうと思えば何だって出来る国に生まれた以上、むしろ本当にやりたい

夢があるならそれを追う義務があるとさえ私は思っています。

これからの時代、学歴や資格など何の役にもたたない時代が来るでしょう。

本当にやりたいこと、それだけのためなら時間も惜しまず、無報酬でもやっていたい、そう思えることを

やり続けた人が勝つ時代です(人生勝ち負けでもないんですがね)。

小学生の将来の夢に「サラリーマン」、親が子供になってほしい職業「公務員」。今はそんな時代です。

「私はコレを死ぬまでやりたいんだ!!」と心底思える、それだけで実は幸せなことです。

漫画家でもYouTuberでも構いません。よくYouTuberというだけでバカにする人がいますが

そんな人はたいてい「普通はこうだから」と人に流され何の夢も持ってない人です。

「趣味にしとけ」とか「お前が音楽?無理に決まってんだろ」とか言う人、たくさんいると思います。

ですが

世の中の成功者と呼ばれる人たち、経営者やスポーツ選手、将棋の達人など、いろいろいますが

伝記やインタビューを読んでみてください。

とにかく全員に共通していることは、本当に好きなことをとことんやってきただけ、ということです。

そしてそれこそが人生最大の成功の秘訣と説いている人、本がたくさんあります。

もちろんそれを応援してくれる両親に恵まれている方ばかりではありません。

2016年にベストセラーになった「嫌われる勇気」という本があります。

もし、周囲に反対されていて夢をあきらめそうな人は、読んでみることをお勧めします。

あなたが誰かに嫌われているのは、あなたが自由に生きている証です。

もう一つ、私が極貧童貞味噌汁野郎だった頃(この記事参照)に何度も何度も繰り返し読んで実践していた本をご紹介します。

バイト時代、前述した進学校の新年会に呼ばれたとき、コソコソと陰口を叩かれているのがわかりました。

理由は明白、みな有名大学に進学したのに、私は一人音楽をやるといって専門学校を卒業し就職も出来ずバイト生活を

送っていたからです。今はみな普通に話せますが、当時はたまらなく悔しかったのを覚えています。

その後この本に出会い書いてあることを実践しました。

自信が無くなりそうになると毎日毎日、自分の顔を鏡で見て「サウンドクリエイターにすぐになれるぞ」と言っていました。

寝るときは、たくさんの機材に囲まれ仕事をする自分の映像を脳裏に描きながら眠りに就きました。

結果、サウンドクリエイターの仕事で食べていけるようになりました。今、思い描いていたのと同じような状況で仕事をしています。

うそだ、そんなことあるわけないと思ったら、今は最後の手段だと思っても構いません。

どうしても自信がなくなったとき、この本に書いてあることを読んで、実践して試してみてください。

一度このような成功経験をしてしまうと、何でも大丈夫な気がしてきます。

「それが普通だから」とやりたくも無い仕事をして、ただ生きるためにお金を稼ぎながら時間を浪費するのが

わが子の幸せだと思いこんでいる両親など、無視してしまいましょう。

そして思い切って言い返してください。

「私は絶対にこれがやりたいんだ。最終的に実らなくても、やらないよりはマシだったと、きっと言えるはずだ」と。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です